二葉楼の歴史〜その1〜

こんにちは!本日は雨のち曇りと思っておりましたが、

ただいまの小川町は快晴!そして31℃と真夏のような暑さです。

 

 

さて二葉楼はご存じのとおり、国指定有形文化財に指定されておりますが

建物自体は昭和8年10月に建築されました。満90年が経ちますね。

 

二葉楼の創業は約270年前。現在の第2駐車場の場所にありましたが、

明治5年の小川町大火により焼失してしまいました。

大正15年に東武鉄道・昭和9年に現在のJR八高線の開通に伴い

小川町駅前に『小川町停車場通り』が整備されるため現地点に建築されました。

 

瓦葺木造2階建ての本格的数寄屋造りの建物は、

東京から、のべ100名ほどの棟梁を招聘し完成までに1年ほど費やし

造られました。

 

003

 

多くの職人さんがこだわって造り上げた二葉楼は

見どころ満載です!

職人技やこだわりの物がたくさん詰まっております。

 

庭には、1枚石からなる大きな灯篭があったり

7473702c

手は加えてないのですが、自然のままの形の

小動物たちがちりばめられていたり

 

館内には、直接墨で描かれた建具や

披露宴会場としてご利用いただいております大広間には

樹齢100年のモミジの床柱や網代天井

059

 

そして最も特徴的なのは鉄粉を練りこんで

作られている錆壁です。

d0034526

 

壁の模様のように見えますが、湿度等により場所によって

色味が違っております。

この技術を継承されている職人さんは現在稀少で

修復は不可能とされております。

 

その他にも歴史を感じる見どころがたくさん詰まった『二葉楼』

次回、二葉楼の歴史〜その2〜もお楽しみに♪

 

お問合せはこちらから  二葉楼ウエディング